BEAGLE-HC 医薬品、医療機器の研究・開発 ポータルサイト
 現在位置 : HOME > ニュース > メディアニュース(健康)
健康に関する新聞各社のニュース(5日分)を掲載。Last Update 02/24(土) 16:00
24日(土) 23日(金) 22日(木) 21日(水) 20日(火) それ以前
2018/02/24(土)
SankeiBiz:サンケイビズ :企業
2/24 大日本住友製薬、10年ぶり社長交代 野村博氏、4月に就任
毎日新聞 :サイエンス
2/24 インフルエンザ警報以下 患者数減、流行ピーク越えたか
2/24 終末期医療事前指示「賛成」66% 「作成済み」8.1% 厚労省調査
2/24 終末期医療事前指示書の作成に賛成66% 厚労省調査
信濃毎日新聞
2/24 発達障害対応の医師育成 信大医学部 地域の小児科医ら対象
 
2018/02/23(金) ↑ このページの最初へ
株式会社ニッセイ基礎研究所 :HOME
2/23 都道府県と市町村の連携は可能か−医療 介護の切れ目のない提供体制に向けて
SankeiBiz:サンケイビズ
2/23 1型糖尿病患者、障害年金支給求め提訴 「病状改善ないのに年金打ち切りは不当」 国は争う方針 大阪地裁
2/23 混迷深めるがんセンター重粒子線治療騒動 女性医師退職が発端 “泥仕合”の背景とは
2/23 臍帯血投与の新生児退院 脳性まひ予防、大阪市立大などのチームが6人に実施
SankeiBiz:サンケイビズ :企業
2/23 富士フイルム、次世代医薬品の新工場
2/23 シャイアー ジャパン、「世界希少 難治性疾患の日」(…
読売新聞社 :科学
2/23 食道 肺がん生存率トップ、皮膚がんは平均以下
毎日新聞 :サイエンス
2/23 さい帯血低酸素脳症に 脳性まひ防止期待、初の臨床試験へ 大阪市大など
毎日新聞:富山 :地域ニュース
2/23 富士フイルム抗がん剤工場 20年の稼働目指す /富山
 
2018/02/22(木) ↑ このページの最初へ
SankeiBiz:サンケイビズ
2/22 高齢者「薬漬け」防げ 一元的に把握、適正に処方 国が初の指針案まとめ
SankeiBiz:サンケイビズ :企業
2/22 富士フイルムグループの富山化学工業の医薬品生産拠点に…
SankeiBiz:サンケイビズ :コンプライアンス
2/22 【人事】参天製薬
毎日新聞 :サイエンス
2/22 東京マラソン右半身まひ越え「挑戦」 脳梗塞、歩く練習から始め 39歳男性、25日出場
2/22 厚労省高齢者の薬処方見直し 初の適正使用指針案 医療者向け
2/22 厚労省高齢者の処方見直しを 医師連携で副作用防ぐ
 
2018/02/21(水) ↑ このページの最初へ
SankeiBiz:サンケイビズ :コンプライアンス
2/21 【新社長】参天製薬 谷内樹生氏
読売新聞社 :科学
2/21 認知症患者、再入院1 5倍…機能低下などで(2018年02月21日 06時59分)
2/21 認知症患者、再入院1 5倍…機能低下などで
毎日新聞 :サイエンス
2/21 Stand by you!そばにいるよ「闘病の力に」実感 動物を通じて小児がんの子を支える 村田夏子さん(32)
 
2018/02/20(火) ↑ このページの最初へ
SankeiBiz:サンケイビズ
2/20 冬場の運動不足 健康サプリをコンビニ、薬局が積極展開
2/20 職場のがん検診で厚労省が初の指針
毎日新聞 :サイエンス
2/20 はしか感染の仕組み解明 阻害剤、ウイルス部位と結合 九大
2/20 高知医療センター食道がん患者の胃を誤って摘出
2/20 がん基本計画受動喫煙、数値目標を断念 対策法案に合わせ後退
毎日新聞:群馬 :地域ニュース
2/20 インフルエンザ施設利用者1人死亡 みどり 23人感染 /群馬
毎日新聞:高知 :地域ニュース
2/20 手術ミス胃摘出、食道がん患者に謝罪 高知医療センター /高知
毎日新聞:鳥取 :地域ニュース
2/20 ご近所のお医者さん/475 餅=細田庸夫さん /鳥取
毎日新聞:福岡 :地域ニュース
2/20 患者塾医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 正しい知識持ち実践を /福岡
毎日新聞:福島 :地域ニュース
2/20 院内感染南東北病院に立ち入り検査 郡山市 /福島
毎日新聞:和歌山 :地域ニュース
2/20 重複投薬抑制へ 県、計画定め患者指導 来年度から医療費減目指す /和歌山
中日新聞 :暮らし・健康
2/20 新薬登場、選択肢に幅 血液がん「多発性骨髄腫」の治療(2月20日)
東京新聞 :暮らし・健康
2/20 血液がん「多発性骨髄腫」の治療 新薬登場 選択肢に幅(2月20日 紙面から)
2/20 血液がん「多発性骨髄腫」の治療新薬登場 選択肢に幅
2/20 血液がんの一つで、中高年での発症が多い「多発性骨髄腫」の治療が新しい段階に入っている。以前は治療が困難な病気だったが、ここ数年で治療薬が増えて選択肢が広がるとともに、治療効果が高い抗体製剤も発売された。(2月20日 紙面から)

↑ このページの最初へ

   ご意見・ご感想をお寄せください。 ‖ お問い合わせはこちらから ‖ このサイトについて           サイトマップ  ‖
  Copyright 2006 - 2018 uTRAM Corp. All Rights Reserved
 
PHARCIS(ヘルスケア最新情報提供)
Facebook for PHARCIS
ClinMark8